⚠️ネタバレあり⚠️ きたはりゃ『エヴァンゲリオン』を語る! その2

Instagram 最新投稿イラスト 2023年カレンダーシリーズ9月

オリジナルキャラクター さっち(真希波•マリ•イラストリアス バージョン)

)

(前回からのつづき) 絵を描くことと、ものを考える事は密接に関係しているそうです。

いろいろ、意見は別れるかもしれませんが、きたはりゃも、絵と人の思考は強い相関性があると考えています。

 

ですので、現在、Instagramにイラストを投稿することが、生活の中心になっているきたはりゃが、絵を描くこと以外に興味を持った物事は、描いているイラストの内容に大きな影響を与えていると考えています。

そんな中、前回の記事で、きたはりゃが今現在、注目をよせている映像作品に、『エヴァンゲリオンシリーズ』(特に新劇場版) がある、というお話をしました。

 

 

前回の予告通り、まず、きたはりゃがこのアニメーションシリーズの中で関心を寄せている設定やプロット、また、それらに対するきたはりゃなりの着眼点について、羅列式にいくつか挙げていきたいと思います。

 

※『エヴァンゲリオン』の魅力は見る人、個人個人によって何通りもの解釈を当てはめやすい「汎用性」の高い物語であることだと、きたはりゃは考えています。このブログでお話することは、あくまで、きたはりゃ個人の視点による解釈や感想になります。ご興味を持っていただける方のお越しを歓迎致します。 

 

 

1、「人類補完計画」って、とても、シンプルな事に置き換え可能?!

 

2、エヴァンゲリオンの登場人物には「他者」が存在しないのか?!

 

3、登場人物の「性別」設定が話を解りづらくしている?!

 

4、碇ゲンドウ真希波・マリ・イラストリアスと言う登場人物の重要性?!

 

5、『エヴァンゲリオン』の登場人物は特定の個人ではなく、「関係性の擬人化」?!

 

6、「使徒」の識別が「パターン青」である理由?!

 

7、葛城ミサトはシンジくんにとって、理想の(こうであって欲しかった)両親像?!

 

8、エヴァンゲリオン(汎用型決戦人型兵器)とは、「外傷体験」、また、それを発端とする「防衛機制」の擬人化?!

 

9、「~インパクト」が登場人物の価値観やその時々の状況によって、必ずしも、悲劇とだけ捉えられていない理由?!

 

10、『シン・エヴァンゲリオン:Ⅱ』の終盤で、たびたび出てきた「相補性」の意味とそれに相反する価値とは?!

 

11、『エヴァンゲリオンQ』で「ロンギヌス」と「カシウス」の対であるはずの槍が二本とも、同じ形状のものであった理由?!

 

12、アスカとレイの二人は、本来人間が誰しも持つ二通りの「欲動」のそれぞれの象徴?!

 

13、『エヴァンゲリオン』を読み解く事は、「思考のデジタル化」への鍵?!

 

ざっと、こんな感じになります(笑)

 

もしかしたら、順番は入れ替わったり、新しいものが加わったり減ったりするかもしれませんが、一項目、一記事で、語っていきたいと思います!

 

お楽しみに!   つ

         づく。